遥道会会員専用blog

?求道終わりなし。道、遥かなり。?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

seishinの独り言。。

このブログでは、遥道会の背景・哲学を中心に技術の開示を行うのが目的で構成されています。
ただ僕としては、ヒューマンな溜め息混じりの記事なども、投稿していこうと思います。
振り返ってこのブログを眺めてみると、どう見てもヨガの関係サイトには見えません。勿論、それで良いのですが、ヒューマンでも無いのがちょっと味気ない。。

誰が読んでいるかも、おおよそ予想が着く範囲のブログなので、溜め息も届けてみようと思います。

僕としては、日夜「反転」に関する試行錯誤が続いている状態。。。
何とかその反転を皆が「描像」できる所迄、僕のリアル感を手渡ししたいと思っています。

今現在のテーマは「反転と回転の違い。」
回転は円心力の問題として整理出来ます。
中心点より長い弧の延長上にあればある程、同回転の物より、この円の回転としての推進力は加速します。つまり、早く回っています。
もしくは、弧までの距離は同寸であれば、より早く重心としての回転軸が回転すれば、この場合の推進力も加速します。回転とはその様な定義にまとまるはずです。
この場合、中心点や中心軸と言うような概念が生まれ、その軸は不動な物となっている事に気が付きます。

方や反転は、面点変換的です。

kpler im

靴下を裏向きに脱いでみると、裏返った靴下があるだけなのですが、反転した状態では裏返った靴下は確かにあるのですが、周りの空間事靴下の中に引きずり込まれている為に、見ている我々からは、その靴下は裏返っては見えないのです。靴下はそのままあるだけです。
じゃ、誰からならその靴下は裏返って見えているのでしょうか?
それは、その空間に影響を受けないその空間外にいる人達からなら、その現象は見えているはずです。
この場合、重心は軸にはなく、軸その物は回転しません。回転・・裏返るのはその物の南極点に相当する点が、北極点側に裏返るように見えます。
つまり、より高次元の視線からはその現象が理解出来ます。
僕たちのこの3次元空間に物質世界がある場合、それとは別の異次元空間に心や意識は存在していると言えるので、物質と意識はこのような反転の関係で成り立っていると言えます。

ならば、物質に意識が関与する関係は回転運動のような「円心力」では無く勢いよく靴下が裏返るような「反転力」的な力関係で影響し合っているはずなのです。
それが見えていない・・・。超能力はそのようなのだと言えると思います。
さて・・・.伝わっているのでしょうか?
独り言の怖いところは、この独りよがりな時間が、自分勝手に思考を深めてしまうこおです。
でも、時々・・独り言ってみますね。。
お暇な方は、感想を聞かせて下さい。
スポンサーサイト
  1. 2010/02/02(火) 03:37:47|
  2. seishinの独り言。。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ψ1/ψ2

遥道会の理論部分の中心的な概念で、まず、最初に取り組んで頂きたい部分は、「双対性の等化」です。
その手前にしっかり身に付けなければ行けないのは、「表相の顕在化」。
つまり、一つの物の見え姿を確認する為の純粋知覚の獲得です。

ミクロからマクロに向かう広がりとしての空間感覚と、マクロからミクロに向かう縮まりとしての空間感覚が、3次元空間の成り立ちを支えています。

・表相の顕在化………ψ1
対化(見ているものと見られているもの)を幾何学的に構成するための基礎となるもの。静止しているモノをある特定の位置から見たときの見え姿。いわゆる一つのモノに対する純粋知覚。

・表相の顕在化の反映………ψ2
静止しているモノをある特定の位置から見たときの「図」の中身に当たる部分。いわゆるモノの内部部分。実際には見えていない。

・表相の対化が《理念-イデア》としての円そのものを形づくっている。表相の対化とは、いわゆる「図」と「地」。

psy1 2

このままでは、難しいという方には、このように理解して頂けば良いと思います。

「ある物から広がる空間と、ある物へ縮まる空間は、別なのだ。」と言う事です。
これによって、ある物は物として認識出来るのですが、それはその物と物を包む背景が識別出来るので、その物が認識出来ています。
つまり、物は「図」としての物そのものの形と、「地」としての背景を背負って始めて成り立ちます。
これが物の見え姿、「表相」です。

この認識が、体内では「アパーナ気」と「プラーナ気」を通して身体感覚として置き換わる過程が、大切な技術になっています。

広がる/縮まる・・が、物の見え姿と、身体感覚を確認する操作技術となっている訳です。
  1. 2010/02/01(月) 00:11:59|
  2. 定例会フォロー記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

●霊現象(れいげんしょう)


付帯質の外面の意識が反対側の次元に生み出した調整質の交差を作るための内心化現象。覚醒とは逆方向における覚醒のようなもの。調整質の反映の部分に働かされているから見える。
  1. 2010/02/01(月) 00:06:51|
  2. 遥道会用語辞典 ら行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

●√2エッジ(るーとにえっじ)


NC-Cubeにおける六つの正方形それぞれの対角線を意味する。√2エッジを総合したものは、結果的にケプラーの星形八面体を形成する。物理学的にはクォークのことと予想されるが、詳細は不明。

2edge
  1. 2010/02/01(月) 00:06:18|
  2. 遥道会用語辞典 ら行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

●√3エッジ(るーとさんえっじ)


NC-Cubeにおける四本の立体対角線のことを指す。任意の1本の√3エッジが四次元空間上の線を意味する。意味としては主体と主体*を不動なものとして見たときの、四種類の外面領域の双対を意味する。すなわち、表相、表面、面、背面の双対。意識の通過する道。「四次元空間」の項目を参照のこと。

3edge

  1. 2010/02/01(月) 00:04:14|
  2. 遥道会用語辞典 ら行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

√1エッジ(るーといちえっじ)


NC-Cubeにおける12本の稜線のことを指す。任意の1本の√1エッジは-四次元空間上におけるπ/2の回転を意味する。

1edge
  1. 2010/02/01(月) 00:01:18|
  2. 遥道会用語辞典 ら行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

yodokai

Author:yodokai
遥道会会員専用ブログです。
ステージ2以上の方がご覧いただけます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。