遥道会会員専用blog

?求道終わりなし。道、遥かなり。?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中和(ちゅうわ)

●中和(ちゅうわ)
等化が生まれることにより反映される作用の総称。付帯質としての働きの総称。外面性を形づくっていく。中和においては対化が非対称的なものとして表れ、対化の反復を行う場を提供する。等化作用と中和作用の関係は「働きとしての対化」であり、等化は中和において対化の差異として表れ、中和は等化において対化における反復の働きを持つ。



[中和を用いた主な用語]



・性質の中和
性質の対化が等化されたときに反映される作用。定質の対化の等化と同じ意味。中性質と同じもの。昇華を行った意識。宗教的に言えば神。新たな性質(人間)の対化を生み出すということ。

・精神の中和
精神の対化の等化に反映される作用。旧い精神が働きを止め、新しい精神に進化すること。付帯質の等化の上次元作用。太陽の本質。

・対化の中和
定質の対化の等化に反映される作用。性質の対化が持った働き。人間における対化(自己と他者)が生まれている様子。

・中性質の中和
調整質の対化が持った反映の等化に相当する。精神の中和によって精神進化を作り出し、その反映を生み出すこと。意識の相殺。反重力を生み出す原因となる力。対化の内面においてはΩ8?Ω*8の働き。

・調整質の中和
対化の中和を形作る次元をすべての方向性に持っていくための中和。中性質の反映のすべて。人間の内面と外面の意識における最終構成が調整質の中和になる。新たな調整質が再編成される原因となる。

・定質の中和
定質の対化が等化されたときに反映される作用。性質における対化の等化と同じ意味。中性質の反映と同じもの。人間の外面の意識の状態。定質が全く作り出されていないという意味。

・反核質の中和
核質の等化と同意。真実の人間の意識の働きが潜在化してしまうこと。

・表相の中和
表相の対化の等化に反映される中和作用のこと。表相が表象としての働きを止めることを意味する。元止揚が顕在化する原因となるもの。モノの内部性と外部性を互いに反転した関係と見抜いたときの表相が、表相の中和に当たる。観察子表示としてはΩ5-ψ1?ψ2とΩ*5-ψ*1?ψ*2。

・付帯質の中和
新しい次元交差によって、人間に三次元意識が生み出され、個体化が起こるということ。精神の等化と同じ意味。ウラノスワーカーによってもたらされた近代性。

・次元の中和
人間の最終構成を作り出すもの。表相に交差を行うために生み出された対化の等化とほぼ同じ意味。新たな進化と反映を生み出す原因となる。水素に生み出されている次元。一つのモノ(面表)の次元にある。


  1. 2009/10/20(火) 09:42:19|
  2. 遥道会用語辞典 た行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<超心点(ちょうしんてん) | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yodokai.blog120.fc2.com/tb.php/11-2cb27359
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yodokai

Author:yodokai
遥道会会員専用ブログです。
ステージ2以上の方がご覧いただけます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。