遥道会会員専用blog

?求道終わりなし。道、遥かなり。?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ツォルキン

●ツォルキン

マヤ文明において使われていた暦。神聖暦あるいは儀式暦などと呼ばれることがある。13×20(日)=260日の周期を持つ。マヤは祭祀暦としてツォルキン、実用暦としてハアブ暦(365日の暦)を併用していたとされるが、ヌース理論の観点から見ると、これら両者はヒトの位置から見た上次元精神と下次元精神の調整質の数の比に相当するものとなっている。これは憶測にすぎないが、かつてのマヤ人とはおそらくヒトの意識を持った者たちと考えられる。現在は、核質(客観的物質認識の力)が作用し始めたために人間への関与が停止しているが(上次元と下次元が分離しているということ)、付帯質が覚醒を持てば再び関与が開始されることになるかもしれない。現在、かつてのマヤ人たちの意識はヒトの総体の意識として作用しているはずである。

[ツォルキン]
・対化の内面にある次元数…13/
・対化の内面の反映+対化の外面の次元数…20

[月の暦]
・対化の外面の逆性における調整質の数……28
・対化の内面における調整質の数……13


260_364
  1. 2009/10/20(火) 09:45:53|
  2. 遥道会用語辞典 た行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<定質 (ていしつ) | ホーム | 調和(ちょうわ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yodokai.blog120.fc2.com/tb.php/149-1387754e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yodokai

Author:yodokai
遥道会会員専用ブログです。
ステージ2以上の方がご覧いただけます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。