遥道会会員専用blog

?求道終わりなし。道、遥かなり。?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

精神の内面

・精神の内面(真実の人間の内面と外面の意識が働く場所)
精神が持った進化の方向性が存在する場所。精神に付帯質を交差させ、付帯質に精神を交差させることにより、人間の内面と外面の意識を作り出す場所。真実の思形と感性が働く場所。精神分析でいうところの象徴界、想像界、現実界の働きがすべて機能してくることになる。象徴界がΩ9。想像界がΩ8。現実界がΩ7とΩ10の交差。欲望機械としては専制君主機械を作り出す。観察子表記としては大系観察子Ω9。反映はΩ10。

例――彼はいつも国家の話をすると燃えるんだよね。愛国者なんだ。
 ――精神の内面の力が強すぎるんだろうね。それは古い脳だ。一言で言えば、遅れてるってことだな。

seishin in

<精神の外面>
  1. 2009/10/12(月) 09:44:24|
  2. 遥道会用語辞典 さ行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<精神の外面 | ホーム | 付帯質の内面>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yodokai.blog120.fc2.com/tb.php/16-59183a2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yodokai

Author:yodokai
遥道会会員専用ブログです。
ステージ2以上の方がご覧いただけます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。