遥道会会員専用blog

?求道終わりなし。道、遥かなり。?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

内心(ないしん)

● 内心(ないしん)
定質と性質に関与された人間の対化が逆性を持つことによって生まれる虚無の領域。カタチとしては止核精神を意味する正四面体に内接する反転した正四面体として表わされることから、このように呼ばれる。内心領域に入った意識には次に挙げるような種々の様相がある。

2、核質における遮断……物質的唯物論(物質主義)
核質の力が共性を切断し、精神進化を見失ってしまうことによって生まれている。宇宙はビッグバンで始まった、意識は脳の産物である等、いわゆる三次元の空間認識で生命や意識を思考してしまうこと。人間の存在の意味が見えなくなり、生成とは全く別の次元へと入っていくことになる。スマル(核質における不連続質)の力。

3、顕在化における内心
内心領域は人間の意識次元の逆性に当たるものなので、人間が覚醒を起こす最終構成においては、全く逆の方向性で顕在化を起こすことになる。顕在化における内心とはデジタル空間(コンピュータ世界)の世界と考えてよさそうだ。内心に生み出されたものは意識の中和が生まれるとき(ヒトの最終構成)が起こるときにすべて働きを失う。


[内心と超能力]
超能力と呼ばれるものの中の幾つかは内心の力によって起こっている。

・サイコキネシス(内心)
進化の方向性が全く逆方向を向いた力が同化しょうとする力によって生まれている。付帯質の方向止揚。
・遠隔視
人間の意識に力を変えてしまうこと。精神において見ているということ。

・テレパス(内心)
精神の交差を行う力が内面に現れたもの。人間の外面で行われていることが内面に現れてしまったもの。

・テレポート
定質を等化する力。人間の意識ではない。

・物質創成(内心)
対化の方向性を逆転した力よって生まれる。

・空中浮遊
人間の意識進化の力が方向を持たずに現れたもの。迷化。

・未来予知
定質が精神に関与されて現れるもの。日常の予知は除く。


  1. 2009/11/03(火) 10:14:06|
  2. 遥道会用語辞典な行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<内性(ないせい) | ホーム | 名(な)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yodokai.blog120.fc2.com/tb.php/169-461ecabe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yodokai

Author:yodokai
遥道会会員専用ブログです。
ステージ2以上の方がご覧いただけます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。