遥道会会員専用blog

?求道終わりなし。道、遥かなり。?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

核散(かくさん)

●核散(かくさん)

核質の働きを散逸させる、という意味。物質概念との決別。人間の意識が反映を顕在化させることにより、容器図式を解体させること。核質(モノの働き)が中和し、無核質(イデアの働き)へと働きを変えること。潜在化として働いていた人間の外面のカタチが付帯質の内面において顕在化を起こしていく状態のことをいう。核散の最初の契機は表相の顕在化として起こる。核心が回転を起こし、反環としての三次元性を円心へと導く。卍。(右図参照)。正四面体を生み出すための力の発振。

kakusan.jpg
  1. 2009/10/13(火) 18:10:15|
  2. 遥道会用語辞典 か行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<核心(かくしん) | ホーム | 外面(がいめん)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yodokai.blog120.fc2.com/tb.php/37-84bc1e46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yodokai

Author:yodokai
遥道会会員専用ブログです。
ステージ2以上の方がご覧いただけます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。