遥道会会員専用blog

?求道終わりなし。道、遥かなり。?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

覚醒球(かくせいきゅう)

●覚醒球(かくせいきゅう)


N.C.(ヌースコンストラクション)の別称。数学的には5次元球のこと。5次元空間に埋め込まれた双対の4次元球面S^4(ψ7-ψ*7)が次元構造の骨格であるということを幾何学的に見い出すことが、遥道会理論における覚醒の定義となることからこのように呼ぶ。観察子表記としてはΩ1?Ω2、Ω*1?Ω*2のキアスム

[下図の説明]
モノを鋏んで自己と他者が対峙している。このとき1個のモノの見え姿全体はSO(3)として自他に二つの方向を持って認識される。さらにSO(3)は自他それぞれの知覚球面上に無数に配位されており、知覚球面上ではSO(3)は点認識として振る舞っている。知覚球面は知覚正面C^1上の回転群で構成されており、ここに自己を規定するU(1)対称性が生じていると考えられる。SU(2)球面の接平面をU(1)対称性が展開するスクリーンと考えれば、SU(2)球面とは、自己と他者の知覚球面が変換される場に相当することになる。これらのことから結果的にSU(2)対称性は集合意識の次元と見なすことができる。

noos_construction.gif
  1. 2009/10/13(火) 18:27:43|
  2. 遥道会用語辞典 か行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カタチ | ホーム | 覚醒(かくせい)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yodokai.blog120.fc2.com/tb.php/40-ef9cce43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yodokai

Author:yodokai
遥道会会員専用ブログです。
ステージ2以上の方がご覧いただけます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。