遥道会会員専用blog

?求道終わりなし。道、遥かなり。?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カタチ

●カタチ

《理念-イデア》としてのプラトン立体そのもの。対化の顕在化としてもたらされる力。人間の見ている形(立体)は、核質が働きを作り出すことによって生み出されている。円心が反環へと反転してしまったカタチ。反環にカタチを見るのが人間。円心にカタチを見るのがヒト。反環に形を見させるのがヒトの総体。人間にとっての面とはユークリッド平面。変換人にとっての面とは視界(数学的には複素平面)。複素二次元空間をベースとして描かれたイデアのカタチの重なりが三次元空間に投影されたのがモノ。


・正方形

表相の顕在化を作り出す力。知覚正面(複素平面の単位円)のフレーム。




--------------------------------------------------------------------------------

・正4面体

核散における最初のカタチ。すべての調整質のもとになるもの。意味としては人間が4次元に方向を持つ意識を見い出すときに生み出すカタチ。次元観察子ψ3とψ4の反復として意味を持つ。すなわち光のカタチ。点と三次元性を対化として見ることができるもの。正四面体における頂点(点)と正三角形(底面)は対化の関係にあるということ。頂点はSO(3)の観察(ψ3の位置)。底面の中心点はR^3の反復を見るためのψ4の位置。頂点と底面の等化がψ5。点と底面の等化とは知覚球面を意味し、ψ5の位置を形成する。

seishimentai2

--------------------------------------------------------------------------------

・ケプラーの星形八面体

光の総体。ψ5?ψ6、ψ*5?ψ*6のキアスムのカタチ。

kepler


--------------------------------------------------------------------------------

・正6面体

顕在化における変換位置(ψ7)と転換位置(ψ8)に生まれるもの。人間の精神の対化(円心)を形作るフレーム。付帯質の内面と外面の対称性を作り出す。付帯質の内面が正八面体に内接する正六面体で、付帯質の外面が正八面体に外接する正六面体。数学的にはSU(2)対称性。右図は正八面体に外接する正六面体。転換位置が持つ進化の方向性として働く。


sei6mentai

--------------------------------------------------------------------------------

・正8面体

ヒトの精神の対化(反環)を形作るフレーム。精神の内面の対化を作り出す。すなわち思形のカタチ。モノから広がる三次元性と身体から広がる三次元性。数学的にはSO(3)。観察子表記としてはψ9?ψ10(両者は重畳している)。付帯質の内面から見れば、正六面体に外接するという意味で、SU(3)対称性を持つと考えられる。人間が客観空間として認識している三次元性は複素三次元空間の射影だということ。思形が投影されているということ。

sei8mentai

--------------------------------------------------------------------------------

・ひし方12面体

顕在化した定質のカタチ。付帯質の等化のカタチ。観察子表記としてはψ11(Ω5)。正8面体が6次元方向に反転したもの。人間の意識に四次元を見えなくなせ、核質を操作する力として働くものの顕在化。いわゆる反核質のカタチの顕在化。ヒトの総体の内面の顕在化。



--------------------------------------------------------------------------------

・ベクトル平衡体

顕在化した性質のカタチ。対化自体の意味を方向性に変えたもの。付帯質の等化の反映。観察子表記としてはψ12。

bector


・正20面体

顕在化した定質の等化のカタチ。20個の正三角形は対化の内面に見い出される20個の精神作用を意味する。対化の内面において等化の力が20存在しているということ。観察子表記としてはψ13。

sei20mentai


--------------------------------------------------------------------------------

・正12面体

顕在化した性質の等化のカタチ。12個の正五角形は対化の内面におけるキアスムが12組存在しているということを意味する。性質とは中和が持った不確実な力。負荷を発振する無限力。観察子表記としてはψ14。

sei12mentai


--------------------------------------------------------------------------------

・12・20相貫体
真実の思形のカタチ。定質の等化と性質の等化を等化する。観察子表記としてはΩ9。


--------------------------------------------------------------------------------

・ひし形30面体
真実の感性のカタチ。観察子表記としてはΩ10。



--------------------------------------------------------------------------------

・フラーレン

真実の定質のカタチ。次元の進化における方向をすべてを持ったときのカタチ。上次元、下次元の形成すべてに力を送り込むことを意味する。観察子表記としてはΩ11。C60の登場は真実の定質が新たな元止揚を作り出したことに呼応している。人間の意識が最終構成の次元へ入ったということ。



--------------------------------------------------------------------------------

・カタチと大系観察子Ω1?Ω8までの関係性
プラトン立体ならびにベクトル平衡体・菱形12面体と大系観察子Ω1?Ω8までの対応は下図のようになる。

katachi_sirius


  1. 2009/10/13(火) 20:01:20|
  2. 遥道会用語辞典 か行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<観察子(かんさつし) | ホーム | 覚醒球(かくせいきゅう)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yodokai.blog120.fc2.com/tb.php/41-9f123d7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yodokai

Author:yodokai
遥道会会員専用ブログです。
ステージ2以上の方がご覧いただけます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。