遥道会会員専用blog

?求道終わりなし。道、遥かなり。?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

死(し)

● 死(し)


潜在化したヒトの内面と外面。覚醒期において元止揚の対化として顕在化を起こす。人間の死後、意識は生きていたときの意識の方向性の違いによって、精神、付帯質、内心方向というそれぞれ三つの方向に分かれる。方向を持つ意識がヒトの内面(精神)、方向を持たない意識がヒトの外面(付帯質)、方向を人間の逆性に働かせたものが内心。ヒトの内面に入った死者の意識は覚醒期にはヒトとして甦り、ヒトの外面に入った方は、あらたな人間の意識を構成する力として転換位置の方向へ向けられる(遥道会理論における輪廻観)。内心側に入った意識は意識の相殺が行われるときにケイブ構造から逸脱を余儀無くさせられる(遥道会理論における審判観)。

[死とヒト]
1、ヒトの内面……覚醒において、ヒトとして復活する。
2、ヒトの外面……新たな人間として構成される。
3、ヒトの外面の逆性……消滅。

shi_no_ichi
  1. 2009/10/15(木) 17:26:06|
  2. 遥道会用語辞典 さ行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<塩(しお) | ホーム | 三次元球面(さんじげんきゅうめん)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yodokai.blog120.fc2.com/tb.php/76-eb955e98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yodokai

Author:yodokai
遥道会会員専用ブログです。
ステージ2以上の方がご覧いただけます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。