遥道会会員専用blog

?求道終わりなし。道、遥かなり。?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

対化(たいか)

●対化(たいか)
「2」のイデアが持つ作用。精神構造における二元化した力のこと。基本的にはケイブの中に見い出される力と反映の対峠性のことを言う。対化は互いに対等であるがゆえに、力の対化と反映の対化というかたちで二重性を持つ。その意味で対化は次のような4種類の基本関係を持つ。

1、力と反映…反映関係
奇数系観察子偶数系観察子

2、力*と反映*…反映関係*
奇数系観察子*偶数系観察子*

3、力と力*………力における反対関係
奇数系観察子奇数系観察子*

4、反映と反映*………反映における反対関係
偶数系観察子偶数系観察子*

 二つの力と二つの反映の関係はキアスム(交差配列)として表され、この構造がケイブにおける精神構造のホロニックな鋳型となる。対化は決して一元化することはない。その意味で対化は無限性をはらむ理念でもある。遥道会理論で言及可能な最も大きな対化とは、総体の内面(中性質の対化)と外面(調整質の対化)である。これらはわたしたちが神と人間と呼んでいるものに対応している。総体の内面と外面は、観察子表記ではそれぞれΩ13、Ω14ととして表記される。Ω13はイデアとしての創造のプロセス、Ω14はその創造の受容を意味し、これらΩ13とΩ14の逆性が物質と意識に相当することになる。
  1. 2009/10/19(月) 19:37:26|
  2. 遥道会用語辞典 た行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<対化の内面(たいかのないめん) | ホーム | 第二関与(だいにかんよ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yodokai.blog120.fc2.com/tb.php/9-393970f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yodokai

Author:yodokai
遥道会会員専用ブログです。
ステージ2以上の方がご覧いただけます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。